コーヒーのダイエット効果をより大きくするには

コーヒーのダイエット効果をより大きくするには

コーヒーの効果と言えば、覚醒作用や利尿作用が有名ですが、実は、ダイエットにも高い効果を発揮します。

 

 

しかし、ただやみくもに飲んだのでは、思うように効果が得られない可能性もあります。コーヒーをダイエット目的で飲むときは、それに適した飲み方があるのです。そこで注目すべきは、ダイエット効果を発揮してくれる、コーヒーの成分についてです。まずはカフェインですが、これは、体内に脂肪が溜まるのを防ぐことができます。脂肪を分解してくれるのは、「リパーゼ」と呼ばれる消化酵素ですが、カフェインは、この酵素を活発に働かせる効果があります。

 

 

また、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」も、この脂肪分解を行う大切な成分となります。つまり、コーヒーでダイエットをするときは、これらを多く摂るようにすればよいわけです。そのためには、砂糖などを入れず、ブラックで飲むことをおすすめします。糖分を控えるのは、ダイエットにおいては基本的なことですが、ブラックで飲む効果は、それだけではありません。

 

 

ブラックで飲むことで、カフェインやクロロゲン酸を効率よく吸収できるようになるのです。そうなれば、脂肪を分解する効果がより促進されることになります。さらに、体が温まることで代謝が上がり、エネルギーの消費量を多くする効果もあります。このため、ブラックで飲める人はなるべくブラックで、苦手な人は砂糖を減らすようにすれば、ダイエット効果をより大きくすることができます。

 

 

 

そして、カフェインとクロロゲン酸を増やすには、ドリップで飲むという方法もあります。コーヒーは、一般的にインスタントよりもドリップの方が、それらの成分が多く含まれているのです。そのため、普段インスタントで飲んでいるという人は、ぜひドリップに変えてみましょう。含まれている量が多ければ、ブラックにどうしても抵抗がある場合でも、ダイエット効果を高める効果が期待できます。

 

 

ドリップは多少の手間はかかりますが、その分、よい効果をもたらしてくれるのです。